スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語と管理職への昇進の関係

英語ができない役員は2年後にクビにします。


東洋経済の2010年6月19日号で楽天の三木谷浩史会長兼社長は言いました。

企業活動のグローバル化が当たり前になって現在では、パナソニック・日本IBM・トヨタ自動車・旭硝子・帝人・日本精工・コマツなどの企業も管理職になるために一定の英語力を必須としています。


もしこれからビジネスで活躍していきたいのなら、
英語ができることはプラスになる時代ではありません。
できてようやくプラマイ0、できなけらばマイナスなのです。


まずは「使える英語」を仕事の合間に勉強して身につけませんか?

>>>この記事の続きはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。